驚きのレビトラで大満足!勃起不全を克服し快適な毎日

効き始めが早い薬

【早い効き目がEDを素早く改善】
勃起不全を治療するED治療薬の中でもっとも「速効性が高い」と言われているレビトラ。
このレビトラとは、同じ薬の「バイアグラ」の欠点を改善して誕生した薬とされています。
国内では2004年に認可され、今でも人気の高い治療薬になります。
円形のオレンジ色の外見が特徴で、水と一緒に服用することで効果を発揮する飲み薬なります。
また、勃起不全の治療は保険の適用を受けることできないので、ED治療薬処方はもちろん、診察などにも掛かる費用はずべて自費での負担となるのも特徴です。
成分は「バルデナフィル」となり、病院で処方されているのは、
・10mg錠
・20mg錠
の2種類になります。
それぞれ1500~2000円になり、普段病院へいって処方を受ける薬に比べるとかなり割高な薬となります。
大規模な臨床試験なども行われており、被験者男性の70~80%に有効性があるデータが出ていて、この中には重度の勃起不全の人も含まれているので、軽症程度の人には「90%以上の有効性がある」なんてことも言われています。

【バルデナフィルの効果】
成分:バルデナフィルは、その性質が「水に溶けやすい」とされているので、服用してからの溶け出しが早いので「速効性」が期待できます。
大体、服用してから早い人で15~20分ほどで効き始めるので、SEXの直前の服用でも十分な効果があります。
また食事も約700kcalまでは効き目に影響しないとされているので、食後でも服用することができます。
作用としては「酵素:ホスホジエステラーゼ-TYPE5の阻害」となり、この酵素は体内で分泌が行われる「cGMP」を分解してしまい、血液の通り道である血管の拡張が上手くできなくなるので、酵素を阻害することで通り道を拡げ十分な血液がペニスに流れるようにしてくれ、「血管拡張効果」が現れます。
この効果は服用から最大で10時間あるとされているので、1回の服用で余裕をもって一晩を乗り切ることができます。

【レビトラの副作用】
ED治療薬には共通して起こる副作用があり、これは90%以上の人に見られる症状で、次のようになります。
・ほてり
・紅潮
・目の充血
・頭痛
などがあり、血管拡張によって血行が促進されたことで起こる症状なので、効き始めのサイン程度で考えてください。

【その他のED治療薬】
レビトラ以外にもバイアグラを始め、長時間効果のシアリスや第四世代と呼ばれるアバナなど様々な治療薬があります。
またジェネリック医薬品を含めれば両手では数えきれないほどです。
勃起力を向上させると言う意味では全ての治療薬に共通して言えることではありますが、効き目までの時間、持続時間や副作用などそれぞれ特徴があります。
薬にも相性がありますのでまずは自分に合うED治療薬を探してみてはいかがでしょうか。

レビトラの効果・副作用について調べる